キリスト教葬儀 費用 実例

キリスト教葬儀にかかる費用の目安

キリスト教葬儀にかかる費用と体験談や実例。母君のためにキリスト教信仰者メモリアル礼拝を、ご子息よりご依頼受けました。八十五才である母は、おおよそ40数年前にアメリカ合衆国で牧師から洗礼を受けたそうです。

 

けど、帰国後はジャパンのチャーチに溶け込めず、さほどチャペルへ通うことは多くなかったそうです。

 

容体がひどくなって病室に入ってから、葬儀はキリスト教式でして欲しいと言われ、ご子息がご遺族で話し合って決めたそうです。

 

 

教会員記念会電話対応の1日葬は、食事を共にする機会を持ちます。

 

ファミリー葬は、お通夜と葬礼を行います。

 

美しいお花の祭壇を飾って、一家で召天者をお見送りします。

 

聖職者は皆様と共に告別の場に行きます。

 

一般葬は職場の同僚やご友人を参列者に呼びます。

 

 

家庭のお財布の様相や信仰事由に合わせたお見送りを行うには何をすればいいのか?。

 

オプションの値段が一切ない、一切合切のメモリアル礼拝費用を確かめるには?。

 

案内書を送ってもらい、書簡で見積もりを確かめてください。